子宮がん検診

婦人科検診と中絶手術。目的別に選ぶ東京のレディースクリニックガイド

ここでは、レディースクリニックや婦人科で受けられる子宮がん検診の内容と、検査を受ける重要性について説明します。

若い世代にも増えている子宮頸がん

子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんの二つがあり、子宮頸がんは子宮の入り口にできるがんです。現在、20歳から30代の若い世代に増えているとのことで、日本では年間12000人が発症し、約3500人がなくなっているというデータがあります。

子宮頸がんはHPVというウィルスに感染することが原因と言われており、定期的に検診を受けることで予防や早期の治療が可能です。

多くのがんは高齢になるほど発症率が高くなりますが、子宮頸がんに限っては、若い世代で発症率が高くなります。そのため、婦人科検診なんてまだ平気と思っている若い方こそ、検査を受けることが大事といえます。

検査自体は子宮の入り口の細胞を少し取るだけなので、短時間で終わります。さらに、原因と言われているHPV検査を一緒に行うと、より検査の精度が上がります。

HPVは、一般的に性行為によって感染すると言われます。一度感染して治療したとしても、免疫が形成されないので何度でも感染してしまいます。つまり、定期的に検査をする必要があるということなのです。

そして、ウィルス感染ということがわかっているので、このウィルスに効果のあるワクチンの投与をするクリニックが日本でも増えてきています。

子宮体がんは40代後半から増加

一方、子宮体がんは子宮内膜にできるがんで、40代後半から増加すると言われてきました。ただ、こちらも最近は年齢に関係なく発症しているようです。こちらはウィルスではなく、女性ホルモンと関係があると言われています。

子宮体がんの検査では、子宮内に器具をいれて内膜の細胞をとる必要があります。

子宮体がんのサインとしては、不正出血があげられます。その他、生理不順になることもあります。生理やおりものがいつもと違うと思ったら、すぐに検査を受けましょう。

子宮体がんも早期に発見すれば治るものですから、やはり定期的に検査をすることが大切です。

目的別・東京のレディースクリニック選び