生理不順・生理痛の検診

婦人科検診と中絶手術。目的別に選ぶ東京のレディースクリニックガイド

ここでは、婦人科やレディースクリニックで受けられる生理不順・生理痛の検査について説明しています。

生理痛と思い込んで病気を見逃すことも…

痛みがひどい、イライラする、周期が安定しないなど、生理の悩みは女性にとって避けられないもの。ただ、そうした痛みやだるさをすべて生理痛が原因と思い込んでしまい、重大な病気の兆候を見逃してしまう人は少なくないそうです。

それを避けるには、痛みやつらさが重いようならガマンせず、レディースクリニックや婦人科で検診を受けることです。せいこレディースクリニック銀座など、多くのクリニックでは生理不順や生理痛の検診を行っているので、相談してみましょう。

重度の生理痛や生理不順は、何かの病気が原因ということもあります

生理不順や生理痛の検査内容

生理不順の検査では、血液検査や超音波検査などを行います。

血液検査では、血液内のエストロゲン、卵胞刺激ホルモン、黄体化ホルモン、プロラクチンなどの内分泌系の検査をします。また、超音波検査では、子宮や卵巣の大きさの基本的なサイズや子宮内膜の厚さなどを計測します。

急激なダイエットやストレスなどが原因で、ホルモンの分泌が乱れてしまうこともありますし、卵巣や子宮に病気があって、生理時の子宮の収縮運動に支障をきたしていることもあります。検診でそういった部分の確認をします。病気がなくても、このような検査で、子宮や卵巣の機能的な異常がないかを調べるわけです。

必要な場合はホルモン療法を行ったり、原因となっているものを取り除いたりして治療します。いずれにしろ、放置していることで悪化する可能性がありますから、生理痛がひどい場合は我慢せず、検診を受けると良いでしょう。

目的別・東京のレディースクリニック選び